盛岡市議会における「新会派」結成を呼びかけます

2007(平成19)年5月2日

各市議会議員殿
各会派の皆様

盛岡市議会における「新会派」結成を呼びかけます

共同呼びかけ人
盛岡市議会議員 鈴木一夫
盛岡市議会議員 高橋 司
連絡先 090-4887-7800(鈴木一夫)

 2007(平成19)年4月22日実施の盛岡市議会議員選挙において, 定数42名のうち7名の新人議員が誕生しました. 市政の流れを変えてほしい という市民の声であることを謙虚に受け止め, 私達2名が呼びかけ人となり 会派の再編成と新会派の結成を呼びかけしたく思います.
 新人議員が多数当選したという民意をしっかりと反映するためにも, 選挙のたびごとに会派の構成を見なおすことが市民の負託に応えることであるのではないか, との結論に至りました. また, 本日の報道に見られる第一会派の主導権争いかのような報道に接する中で, 各市議会議員が自覚をもって 市民との公約実現に向けて主体的になって行動してほしいと思います.
 私達の思いは, 市民の意見に耳を傾け,議会改革および開かれた議会運営の実現, そして市議会での政策論争を活性化させることであります. また負託いただいた期待に応えていくためにも, 新人議員から問題提起を市議会議員および各会派, そして市民の皆様へさせていただき, 市議会改革の活動に注目していただきたいという気持ちを込めて 新会派の呼びかけの運びとなりました.

新会派を結成しませんか

 私達2名が呼びかけ人になります. 新会派の設立, もしくは既存会派の改変の動きの中で, ぜひ市民の声をしっかりと反映できるような会派を設立しませんか.

新会派の目的とするもの

1 市議会の情報公開の徹底をはかる
市議会での情報公開の徹底をはかり, 特にも意志決定の過程や予算の執行状況について 市民への公開を図るとともに, その告知の方法を工夫して 情報が市民に伝わりやすいようにしていく.
2 議会費の徹底的な削減を図る
議員定数や議員歳費など 議会自身の問題について, 謙虚に市民・各界各層より意見を聞きながら見なおしをはかる.
3 市議会の政策立案力の強化
市議会の本来もつ, 行政のチェック機関としての機能を最大限発揮していく. 市政課題を議論する際には権限・財源を踏まえて行い, 次世代への責任を果たしていくこととする. 議員の積極的な論戦と行動をもって市政を改革していく.

新会派の設立,もしくは既存会派の再編成においては, 構成議員の皆様の意見をしっかりと伺い, 政策実現と議会改革の路線を確認させていただきたく思います.

ご意見・ご感想をお聞かせ下さい

鈴木一夫後援会事務所 © 2011年10月30日
〒020-0861 岩手県盛岡市仙北二丁目 23 番 24 号
電話 019-635-8839 FAX 019-635-9176
メール:鈴木一夫後援会

CONTENTS

外部サイト

リンク


カウンタ