権限・財源・人間を備え ふるさと盛岡を共に作りましょう!

鈴木一夫の考える
「盛岡の明日」

行政改革

透明,公開,公正な行政の運営をめざします.

納税者が納得のできるよう 税金の使い方を厳しくチェックします
官庁の縦割りの弊害をなくし, 専門性の高い人材を確保し配置を行います
地方分権をさらに進め, 住民参加の地方自治をめざします
市民のアイデアが迅速に反映できる制度の確立に努めます
公共投資
生活環境整備等に重点を置いた公共投資へと見直しを進め, 未来の世代に負担となるような公共投資は見直します
新時代への投資
地球温暖化防止,省エネルギー,環境保全, 社会の高度情報化など,新時代への投資を促進します

都市基盤の整備

盛岡市の経済の活性化・生活環境基盤の整備とともに, 現存する都市問題の解決をめざします.

都市基盤の整備
「東北六県」「第二国土軸」での位置を明確化し, 北東北での中核的な都市としての立場の確立に努めます
都市部の空洞化を防ぐために再開発を進めます
県都の渋滞の解消
盛岡圏の渋滞緩和と厳冬期の安全確保, 高齢化社会の観点から鉄道・バスの連携強化に努めます
新駅の設置,そして山田線の都市鉄道としての再生はもちろんのこと, 「パークアンドライド」を用いクルマと公共交通のすみ分けを図り, 郊外からのクルマの流入削減を目指します
自転車・歩行者の安全のための道づくりを促進します
混雑のひどい交差点の立体交差化を図ります
観光都市 盛岡
盛岡の観光資源を生かし, また引き出しながら観光客を誘致し滞在してもらえるようにいたします

生活環境の整備

定住条件の整備向上をめざします.

格差社会の是正を図ります
生活環境の悪化を防ぎ, 生活実感として格差を是正します
貧困の解消に全力を注ぎ, 尊厳ある老後を送れるようにいたします
少子化対策
育児休暇や保育施設の拡充, 保育園・託児所の充実に努めます
住環境を整備し,定住促進を図ります
教育について
学校の少人数化を進めるとともに, 実効ある生徒の学力向上を図ります
職業観や経済感覚を持つように, また社会や地域と接する機会を多く持つようにします
地域コミュニティーや市民活動(NPO)への支援を強化します
町内会・自治会活動に積極的に支援策を講じ, 世代を超えた交流促進を図ります
市民や地域のアイデアを活用できるような体制を構築します
除雪や災害に対し地域と行政が連携しながら取り組む体制を作って行きます

ご意見・ご感想をお聞かせ下さい

鈴木一夫後援会事務所 © 2011年10月30日
〒020-0861 岩手県盛岡市仙北二丁目 23 番 24 号
電話 019-635-8839 FAX 019-635-9176
メール:鈴木一夫後援会

CONTENTS

外部サイト

リンク


カウンタ