盛岡市議会議員 鈴木一夫
議会便り
2007年11月1日号(第2号)

http://www.suzukikazuo.com    所属会派「改革」


 いよいよ冬本番ですが, 岩手山にはまだ雪が積もっていませんが今年の冬はどうなるのでしょうか.

 10月は九月議会が10月4日に閉会しましたが, 休会中に視察や請願の審査等がありましたので報告いたします.

(1)閉会中の審査(盛岡市役所移転問題)

 九月議会に提出され継続審議になった請願に, 盛岡市役所の盛南地区への移転の問題があります.

 現在盛南開発は都市再生機構(UR)によって事業が推進されており, 新市役所の建設は 杜の大橋を渡りトンネルをくぐったところの交差点と 市立病院との間の行政用地を第1希望として予定しておりましたが, 先日の新聞報道にもありました取得を断念という状態になっております.

 11月2日に建設常任委員会で現地視察と地域住民(本宮地区)との意見交換会を実施する予定で, その結果が11月5日に行われる市議会全員協議会で報告される予定です. 盛岡競馬, 中央卸売市場の経営の問題あるいは市立病院の債務の問題等があることから, 新市役所の設置は正直市議会議員の間でも厳しいという見方があります.

 無論築45年経つ市役所の耐震診断の結果を待ってということですが, 時代はコンパクトな街づくりの方向に舵を切りました. 他方旧都南村との合併協議のなかで盛南地区を最適地とするという確約もあり, 本宮の地権者への協力もあった経緯があり○×を市民の皆さんに御示し出来ない状態にもあります.

 私の立場は難しいという立場です. 明確な反対までは行かないものの現在の財政状態と中心市街地の空洞化の観点から, 現在の材料では移転に賛成はできません.

(2)会派「改革」で行政視察を行いました

 10月22日~24日まで会派「改革」では青森及び北海道へ行政視察を行いました.

■視察先■
青森県庁/青森県立美術館/北海道庁/夕張市/旭川市役所

 上記都市の中でも印象にあるのは財政破綻した夕張市です. 夕張市役所では最低限の人数ゆえ視察に対応しきれず, 私達も夕張市を監督する道庁への視察を行い, 夕張市では NPO 関係者との生の声を聞くことができました.

・青森県庁では並行在来線関係の部署から説明を受けました. 岩手県では運輸指令分離に伴う費用負担増が問題となっていましたが, 青森側の状況を伺うものでもありました. 現在「青い森鉄道」は年間3億円の赤字を抱えており, 目時~青森121.9キロの区間の引き受けによる経営の困難が示されました. 他方 JR 大湊,JR 八戸は JR の経営のままであるということと, JR 津軽は並行する新幹線の運営主体が JR 北海道になることから経営分離はされないという事を確認いたしました. 私より岩手側では運輸指令分離は不要だという議論もあるがどうか, と質疑しましたがはっきりとした返答は頂けませんでした.

・道庁市町村課で夕張市財政再建計画を頂き説明を受けましたが, 職員の大量退職や投資的事業の中止や縮小, 事務事業の徹底的な縮小など 市の独自施策が出来なくなるような状態に置かれるというものです. 確かに御手盛りというような事業や類似都市との比較して倍の職員数, 粉飾決算など夕張市の姿勢にも大きな問題があったと思いました. 企業城下町として住宅・医療・娯楽を全て鉱山側が所有していたものが閉山で市に委譲され, そこから失業者の増大と税収の落ち込み, 失業対策的な観光産業へのシフトが結果的に思うように行かなかったことと, 当時の市長が6期務めたことでの弊害等の要因が財政破綻の原因のようです。

・地元で夕張の映画祭を行う NPO 関係者と市議会議員との意見交換, そして夕張市の施設の見学をしました. 映画祭はそもそも竹下内閣のふるさと創生事業から始まったとのことでしたが, 厳冬期の企画を継続して行う事で夕張の知名度を上げてきたという側面があります. しかし, 市の財政再建団体移行後はその実施も危ぶまれたのですが, 元気を出していこうという地元青年の方々の意欲は夕張再建の市民の気持ちと感じました. 少なくとも夕張市を去って行くという否定的な報道が先行するなかで, 実態はかんばって行こうという市民の生の声があったことは 今回の訪問の収穫だったと思います。 ちなみに夕張市議会はかつては30名以上の議員定数が現在9名で会派はなく, 全員一人会派. 委員会は一つのみの設置. 議会でのやり取りも追及すると職員が本当に辞めそうなので 「要望」しかできないよ, という市議の声が印象に残りました. 市長と副市長のやり取りも行政経験の違いからくる温度差もあります, ということでした。

(3)2007年10月の主な活動

10月1日 朝の街頭演説(南大橋)
10月2日 建設常任委員会
10月3日 会派「改革」会議
10月4日 九月定例議会(最終日)
10月5日 会派「改革」会議,
町内会 定例会
10月6日 外山市民植樹祭,
仙北中学校 文化祭
10月7日 第51回 仙北地区 町内対抗大運動会
10月8日 国道455号線早坂トンネル開通記念式典(岩泉町)
10月9~12日 ベトナム訪問
10月13日 仙北小学校 すずかけ祭,
盛岡市消防団 第一分団「芋の子会」
10月14日 中央卸売市場まつり,
ぎんがてつどうまつり(好摩)
10月15日 朝の街頭演説(明治橋)
10月17日 山田線活性化のための意見交換(市,県,現地調査)
10月18日 中央公園整備のためのワークショップ(本宮地区活動センター)
10月20日 日本語サークルAYCL,
仙北地区体育協会反省会
10月21日 仙北一丁目第2町内会 旅行会
10月22~24日 会派「改革」行政視察(青森県庁,北海道庁,夕張市,旭川市役所)
10月25日 まちづくり懇談会(仙北地区活動センター)
10月26日 総合学習講師(附属小3)
10月27日 文化祭(本宮地区活動センター)
10月28日 のみの市(小鷹公民館)
10月29日 朝の街頭演説(明治橋),
盛岡市産業まつり
10月30日 地球温暖化防止特別委員会 視察(雫石),
(都)向中野阿部舘線 用途変更説明会
10月31日 焼石岳登山(奥州市)

会派「改革」では市政発展のための政策提言を募集しております. お気軽に連絡をください. 秘密厳守です.
[本人が書いています]  http://www.suzukikazuo.com
[ご意見,ご感想はこちらへ]  aap09710@hkg.odn.ne.jp
盛岡市議会議員 鈴木一夫(すずきかずお) 37歳
<会派 改革(かいかく)>
〒020-0861 岩手県盛岡市仙北1-15-55(明治橋南東角)
電話 019-635-8839 FAX 019-631-3766
鈴木一夫事務所


(議会便り 終わり)

ご意見・ご感想をお聞かせ下さい

鈴木一夫後援会事務所 © 2011年10月30日
〒020-0861 岩手県盛岡市仙北二丁目 23 番 24 号
電話 019-635-8839 FAX 019-635-9176
メール:鈴木一夫後援会

CONTENTS

外部サイト

リンク


カウンタ