盛岡市議会議員 鈴木一夫
議会便り
2008年6月号(第9号)

http://www.suzukikazuo.com    所属会派「改革」


(1)<会派「改革」で行政視察を行いました>

5月12日~15日まで会派「改革」では, 行政視察を行いました.

■視察先■

1)国土交通省鉄道局

IGR いわて銀河鉄道運行指令(青い森鉄道との)分離について
国土交通省鉄道局としては現行の体制で問題ないと認識. あえて分離するかどうかは事業者の問題である, と回答.
地方財政特別措置法第24条2項について
かつての国鉄に対し 地方自治体が必要以上に負担を強いることを阻止するためにあった条項. 現状では鉄道局では撤廃してほしいと考える.

2)松江市観光課(石見銀山の波及効果)

松江市の訪問も3割程度増えた. 波及効果はあるとみる. 但し現地では観光客の急増で大混雑があり, 地域住民の生活が脅かされていると聞く.

(2)<建設常任委員会で行政視察を行いました>

5月27~29日まで行政視察を行いました.

■視察先■
浜松市 / 岡山市 / 高松市

1)浜松市中心市街地活性化

旧松菱百貨店閉店のあおりが年250億円にものぼる. 新店舗(大丸)に入居いただきたい.

また郊外 SC に客足をとられており JR 浜松駅3万人の乗降客を生かしきれていない.

浜松市の市街地は人口82万人にしては駅前からして空き店舗が目立ち 正直痛々しい状況でした. 盛岡市民からすると財政規模や産業力からうらやましい限りですが, 地域事情の難しさを実感.

2)岡山市

吉備線の LRT 化と岡山電気軌道の連携を行い, 郊外から中心部まで軌道で乗り入れを図る. 操車場跡地の北長瀬駅設置については土地区画整理事業と連動させている.

バスアンドライドを実施し クルマの市内流入を減らす取り組みを市内郊外で実施.

駅前地下2層式の駐輪場を拝見. 盛岡駅東口駐輪場と違い 駅施設へ連動している利便性があると思いました.

3)高松市丸亀町の再開発事業

AからG街区に分けて中心市街地を再生させる. ブランド店を入居させる.

民間(商店街)主導で再生を行う事業を視察. レンタサイクル事業は1日100円であり 公共交通との競争もあるとの認識. 支店経済の街が瀬戸大橋線開業で拠点性を失い欠けている中で 再生を地域商店主の力で行うことの重要性を認識.

<6月議会は10日より開会>

盛岡市議会6月定例会が6月に開会します. 当会派では私を含む3名の議員が一般質問に登壇し市政と問うてまいります.

私は今議会では
1)公共交通の活性化
2)盛岡市の財政について
3)徴税コスト
4)土地区画整理事業
(以上 予定)について一般質問し 市政を問うてまいります.

<2008年5月の主な活動>

5月1日 憲法週間講演会 「格差社会における税と社会保障」 聴講
5月2日 盛岡に LRT を走らせ隊 総会
5月5日 五葉山登山
5月7日 朝の街頭演説(明治橋),
町内会定 例会
5月8日 会派「改革」会合
5月10日 日本語サークル AYCL,
仙北地区推進会 運営委員会,
仙北体協 理事会
5月12~15日 会派「改革」視察(総務大臣訪問, 国土交通省鉄道局, 岡崎市, 松江市, 島根県庁, 石見銀山)
5月16日 NPO 路面電車と街づくりの会 意見交換(岡山市)
5月17日  仙北中学校 運動会,
盛岡自転車会議 イベント,
民主党議員 懇談会
5月19日 朝の街頭演説(明治橋),
全員協議会
5月23日 仙北中学校「教育振興推進会議」参加
5月24日 仙北小学校 運動会,
仙北地区 社会教育福祉推進会 総会,
5月26日 朝の街頭演説(南大橋),
地球温暖化防止 特別委員会,
5月27~29日 建設常任委員会視察(浜松市,岡山市,高松市)
5月30日 私立保育園 園遊会
5月31日 日本語サークル AYCL,
鈴木一夫市政報告会

会派「改革」では市政発展のための政策提言を募集しております. お気軽に連絡をください. 秘密厳守です.
[本人が書いています]  http://www.suzukikazuo.com
[ご意見,ご感想はこちらへ]  aap09710@hkg.odn.ne.jp
盛岡市議会議員 鈴木一夫(すずきかずお) 38歳
<会派 改革(かいかく)>
〒020-0861 岩手県盛岡市仙北1-15-55(明治橋南東角)
電話 019-635-8839 FAX 019-631-3766
鈴木一夫事務所


(議会便り 終わり)

ご意見・ご感想をお聞かせ下さい

鈴木一夫後援会事務所 © 2011年10月30日
〒020-0861 岩手県盛岡市仙北二丁目 23 番 24 号
電話 019-635-8839 FAX 019-635-9176
メール:鈴木一夫後援会

CONTENTS

外部サイト

リンク


カウンタ