盛岡市議会議員 鈴木一夫
議会便り
2009年4月号(第19号)

http://www.suzukikazuo.com    所属会派「改革」


3月議会一般質問(3月3日に一般質問)

市長挨拶ならびに教育委員長挨拶についてを中心に73項目を質問いたしました. 主なやり取りは下記の通りです.

1)少子化対策について

市の出生率目標を2.08にできないか. 少子化対策への遅れは禍根を残す.
⇒ 2015年市の人口を29万6千人としている. 出生率の数値目標は他の要因もあり, 無理である.

2)人口30万人維持のための企業誘致数

⇒ 2015年に29万6,000人としていることから 人口30万人を維持するための企業誘致は製造業 (平均35名) として110社の誘致が必要になると計算される. 市としては大学卒の県外就職が7割であることから 県内に残りたいように工業振興を図りたい.

3)市債残高のピークと今後の償還見通し

⇒ この2~3年が返済のピークである. また経常収支比率19年決算で95.5%と危険水域の90%を越え, 公債費負担比率も21.4%と危険ラインの20%を超えていることから 改善を図る必要がある. 平成30年頃には負債2,000億円を下回る見込みである.

4)公共施設等整備基金への積み増しの状況

⇒ 基金積み立ては2億1千万円である. 本来幾ら必要なのかを計算できていない.

5)市長就任以来の企業誘致における総括

⇒ 市長就任以来市外出張合計は349日である. 平成15年以来11社誘致しており 補助金は7,200万円交付.

6)障がい者法定雇用について

⇒ 本市は法定雇用が42名に対し6名不足している. 早期に達成したい.

7)市職員給与引き下げと収納率向上

⇒ 市職員給与引き下げは地方公務員法や人事院勧告での規定もある. 職員の年齢制限撤廃については 一部専門的見地を有するものを採用するため 任期付職員の採用をしている (程度である).

8)債権回収体制について

⇒ 平成20年度の税収納率を93.2%とした. 未納額は31億5,000万円, 人数は22,000人と見込む. 滞納整理について各課で連携の検討をしている. 仙台市などにも出張催告している.

9)不正経理に対する処置

⇒ 市長を4月給与で20%減, 副市長・区長・教育長を10%減とした. 職員の処分についても実施する. なお国・県からの返還要請がまだ来ていない.

10)今後のバス政策

⇒ オムニバスタウンの見なおしを図る. バス専用道については社会実験も考慮しながら検討したい.

11)中心市街地活性化と横丁整備

⇒ 盛南地区へのイオンやシネマコンプレックスについては新聞報道で知った. 市としても苦慮している. 横丁の整備は商店街に提案の趣旨を伝えたい.

12)市中心部の一階の空き店舗数

⇒ 中心市街地の人口は平成2から平成17までで3.3%増加. 中心地の空き店舗は平成20年2月現在で57件となっている.

13)市立病院勤務医の状況

⇒ 午前の外来診療につづき 午後に入院患者の回診や検査等を実施し 時間外勤務も増える傾向にある. また当直も月に数回あるほか緊急呼び出しもある. 経営計画の進捗などで市長と意見交換をしている. 医大の臨床研修医の受け入れを分担するなど 医大との連携を更に進めたい.

14)市内の医師確保の状況

⇒ 中核市以降に伴い市保健所が市内病院の医療監視を実施している. 31病院のうち6病院で基準の医師数を若干したまわっている. 患者のたらい回しはない.

15)自主防災組織の結成と市防災訓練

⇒ 結成率は平成21年2月末で52%. 今年は8月30日に玉山区で防災訓練を実施する.

16)学力向上策について

⇒ 秋田県の学力向上の取り組みについては基本的生活習慣の確立, 家庭学習の充実, 小人数学級の推進をしていることなどが学力が全国トップであると分析. 私塾の授業外補修については相応しくないと認識. 市内の公立高校で中高一貫教育をする予定ない.

17)学校の耐用年数(減価償却)と学校再編

減価償却以前の学校統合では禍根を残さないか. 第二本宮小は大丈夫か.
⇒ 耐用年数(減価償却)を47年としている. 築15年の北松園小学校の統合の構想は今はないが, 平成25年の同小の入学者は32人となる予定である. 適正配置計画で松園地区も検討対象となる. 第二本宮小は宅地分譲以外の要素もあり 児童数の極端な減少の見通しの可能性は低い.

18)藪川外山地区の学校統合について

⇒ 地域の方と検討していきたい.

19)2順目岩手国体の主会場の誘致

⇒ 県民世論で主会場建設より県財政再建や医師確保などの論点が出された場合の市の対応については, 広域以外の17市町村でも盛岡誘致に好意的であった. 今後も理解が得られるよう働きかけをしていく. 国の補助で2分の1だせることから市でも応分の負担 (2割) をしていく.

20)秋田わか杉国体の経済効果

⇒ 秋田わか杉国体の経済効果は, 秋田県で1,060億円である.

21)玉山区新歴史民俗資料館の今後

IGR 下田駅や道の駅に合築したら集客が増すと思うがどうか
⇒ 新市建設計画で4億円計上. 場所・集客・規模について検討する必要あり

<2009年3月の主な活動>

3月1日 いすみ鉄道交通 社会実験 視察(千葉県),
勝浦市ひなまつり 見学
3月2日 市議会 本会議,
幹事長会議
3月3日 市議会 本会議(この日会派代表質問)
3月4日 市議会 本会議,
仙北地区 社会教育福祉推進会 部会
3月5日 市議会 本会議,
町内会 定例会
3月6日 市議会 本会議
3月9日 朝の街頭演説(明治橋)
3月10日 市議会 本会議,
仙北中学校 スノーバスターズ 解散式
3月12日 建設常任委員会,
会派「改革」会合
3月13日 市議会 本会議
3月14日 仙北中学校 卒業式
3月16日 予算委員会
3月17日 予算委員会
3月18日 予算委員会
3月19日 予算委員会
3月22日 町内会資源回収,
民主党時局講演会(姫神ホール)
3月23日 幹事長会議,
町内会 自主防災隊 会合
3月24日 建設常任委員会,
会派「改革」会合,
仙北小学校 PTA 懇親会
3月25日 議会運営委員会,
仙北中学校 PTA 懇親会
3月26日 全員協議会,
市議会 本会議
3月28日 仙北地区体育協会 理事会
3月30日 朝の街頭演説(明治橋)

会派「改革」では市政発展のための政策提言を募集しております. お気軽に連絡をください. 秘密厳守です.
[本人が書いています]  http://www.suzukikazuo.com
[ご意見,ご感想はこちらへ]  aap09710@hkg.odn.ne.jp
[会派改革ホームページ]  http://www.morioka-kaikaku.com
盛岡市議会議員 鈴木一夫(すずきかずお) 39歳
<会派 改革(かいかく)>
〒020-0861 岩手県盛岡市仙北1-15-55(明治橋南東角)
電話 019-635-8839 FAX 019-631-3766
鈴木一夫事務所


(議会便り 終わり)

ご意見・ご感想をお聞かせ下さい

鈴木一夫後援会事務所 © 2011年10月30日
〒020-0861 岩手県盛岡市仙北二丁目 23 番 24 号
電話 019-635-8839 FAX 019-635-9176
メール:鈴木一夫後援会

CONTENTS

外部サイト

リンク


カウンタ