盛岡市議会議員 鈴木一夫
議会便り
2014年10月号(第85号)

http://www.suzukikazuo.com     所属会派 「絆の会」


■ 一般質問に登壇(9月12日)■

● 旧外山御料牧場について

(質疑) 1891(明治24)年から1922(大正11)年まで存在した旧外山御料牧場について質疑.7月に会派で宮内庁を行政視察いたしましたが,その内容を踏まえ外山御料牧場に焦点を当てた施策や地域振興策,さらには玉山地区で建設予定の新歴史民俗資料館に展示をするなど地域資源の活用についての質疑.
(回答) 現状については,「外山開牧百年史」など文献で把握.蛇塚地区の看板の設置は検討する.歴史民俗資料館での展示は,外山御料牧場のその要素の一つとなる.外山御料牧場に由来する競走馬あるいはお召し馬車の展示も検討してまいりたい.

● 盛岡市の交通政策について

(質疑) 山田線(盛岡~宮古間)の現状と活性化,宮古市と県と連携して「活性化協議会」をつくれないか.大志田駅浅岸駅の活用
(回答) 輸送密度は国鉄時代の昭和62年は732人,平成21年度は217人.現在盛岡上米内で列車増便の社会実験を行うほか,観光客誘致の働きかけをJR東日本に実施したい.大志田駅浅岸駅の活用については,観光当局より答弁を頂きましたがあやふやな回答でした.
(質疑) バス事業者の収入源を強化することでバス施策の推進を図るべきではないか.また北海道新幹線延伸による IGR 施策の経営への影響について,特に寝台特急の廃止された場合の影響.
(回答) 松園ゾーンバスや都心循環バスの提言を含め実施した.高速バスのパークアンドライドについては盛南地区沿線の土地利用の動向を注視しながらバス事業者と相談をしていく.寝台特急の運賃収入は IGR の2割をしめていることから影響は大きい.
(質疑) 盛岡市として人口の減少や少子化により公共交通の経営環境は厳しさを増すことが予想されている.鉄道施策については,政策推進の立場からJRの株式を取得し株主として政策実現をするように要望.盛岡市単体での所有以外にもJR東日本管内の沿線自治体と共同持ち株組織をつくり,共同で所有して新駅設置やローカル線の活性化に取り組みを図れないか.
(回答) 検討する.

● 都市計画道路「津志田白沢線」の早期全線開通

(質疑) 矢巾町境から北進をするように環境整備を推進すべきでは
(回答) 市総合計画や都市計画道路整備プログラムの見直し検討をする.

● エネルギーシフトについて

(質疑) エネルギーを確保するため年間28兆円(岩手県で2,800億円,盛岡市で推定520億円)の資金が海外に流出.その資金を県内・域内で循環させ,環境対策とエネルギー対策,中小企業振興と雇用対策に向けるエネルギーシフトの推進を図られたい.盛岡市の発電可能性はどのようになっているのか.また,盛岡市のエネルギー自給率の現状について.
(回答) 公共施設で新エネルギーの率先導入を図りたい.出力10万KW以下の中小水力発電では年間378MW/h風力発電では12万7,200MW/h 2万2,813世帯の電力相当の発電可能性がある.木質バイオマス発電については各課で検討を始めた.盛岡市の平成24年度の年間電力使用量は15億9,295万5千KW/hで25%自給している.

■九月議会について■

(1) 補正予算

 補正予算は,9億9,053万円の予算を追加して,総額1,082億6,441万円に.未執行予算の財政調整基金への積立7億2,294万円,マイナンバー制度導入3,100万円,私立児童施設整備7,454万円,予防接種9,554万円,山火事復旧費用4,606万円,道路橋梁維持1億1,000万円など.

(2) 議案の賛否及び請願について

 議案27件,認定14件が提出されいずれも可決・認定.請願3件を採択.共産党会派の提出した自然エネルギー推進関連の議員提出議案については,市民合意を丁寧に行う手続きと環境と経済両面の促進策(エネルギーシフト)の考え方を取り入れることの必要性を指摘し反対.

(3) 九月定例会で可決された条例の制定(主なもの)

●空き家条例の制定について

 空家や空き地に関する適正管理の指導監督にくわえ強制力をもって対応する処置. 市内には14%の空家が存在するとされており,所有者への適正な管理の指導から行政が強制力をもった形で指導していくことは,これまでも多くの議員から指摘されてきた案件.課税担当と連携を取り,地域住民の協力を頂きながら執行されることを要望.

●子ども子育て関連の条例

 今回の議会では,国の子育て支援策に伴う条例案が提出. 国の基準に対し,盛岡市の独自の施策を盛り込むなどの意欲も見られたが,その目標は,待機児童解消.女性の社会参画の拡大や核家族化,預け入れをする割合が増える傾向にあるものの,3歳未満児への施策の強化を図り,待機児童ゼロを目指す.私立幼稚園など現場への丁寧な指導と助言を行い,現場に押し付けの無い執行を要望.

(4) 決算審査について

 盛岡市議会では,予算審査は議長を除く37名の議員で行っておりますが,決算審査については,4つの常任委員会で分割して審査.私は所属する教育福祉常任委員会で,「保健福祉分野,市立病院,教育委員会」にかかる分野の審査を実施.
 私が指摘した主な事項:

●生活保護事業について

 25年度,81億円の執行がなされている.最後のセーフティーネットを機能させることは必要ではあるが,4,300万円の不正受給や不正受給の未回収金が時効により不納欠損であることが決算審査で明らかに.
 市は今年度より2課体制で就労支援の取り組みを強化をしており成果が出ていることは認めるものの,納税者の理解を前提とした執行を求めたい.不正案件には毅然とされたい,旨を指摘.

●市立新庄墓園の旧指定管理運営事業について

 墓園管理は指定管理者制度を導入して民間事業者へ事業を委託していたが,長年指摘されていた墓石を斡旋販売していた調査にも本腰をいれなかった姿勢があった.その斡旋の事実が明らかとなり指定管理を打ちきったあとについても,指定管理者制度の違反行為には,罰則や罰金が科せられるという規定があるにもかかわらず,市民への被害がなかったということから指定管理取り消しのみで対応を終えた姿勢で果たしてよいのか疑問.指定管理の契約に記載されかつ,市の条例に定められている規定を執行しないのでは,わきが甘いと指摘.民間事業者への委託について県内でも様々な問題が指摘をされている中で,規定違反行為における罰則や処分の方法について再度検証をされるように要請.

●市立病院について

 市立病院については,6,700万円あまりの赤字を計上して累積赤字が42億円となっていることが報告された.損益分岐点が常勤医師4名の確保であるということであり,医師確保による医業収益確保が最大の課題となると決算審査で回答いただく.
 医師確保が黒字化のカギであることから,医師確保策を市立病院まかせにするのではなく,市全体で取り組みをはかるよう要望.

■議会報告会の開催■

 盛岡市議会では年2回8会場にて議会報告会を開催しております.11月12日と13日に下記の4会場で開催を行います.是非ご参加をお願い申し上げます.

11月12日19時から 好摩地区公民館
11月12日19時から 梁川老人福祉センター
11月13日19時から 乙部農業構造改善センター
11月13日19時から 西厨川老人福祉センター

<2014 年 9 月の活動>

9月1日 朝の街頭演説(明治橋)
9月2日 山車推進委員会,
市総合計画 審議会,
町内夜間パトロール
9月3日 一般質問作成,
岩手県倫理法人会
9月4日 朝の街頭演説(南大橋),
九月議会(初日),
危機管理災害対策特別委員会
9月5日 敬老会案内(仙北二丁目)
9月6日 原敬記念館 訪問,
もりおか町家物語館 式典,
仙北地区体育協会 理事会
9月7日 仙北地区防災訓練
9月8日 朝の街頭演説(盛南大橋),
駒形神社例大祭
9月9日 朝の街頭演説(南大橋),
新井満 講演会
9月10日 朝の街頭演説(明治橋),
九月議会,
仙北二丁目自治会
9月11日 九月議会
9月12日 九月議会(この日一般質問)
9月13日 仙台市 訪問
9月14日 大ケ生万寿坑まつり
9月15日 盛岡山車
9月16日 盛岡八幡宮 流鏑馬
9月17日 九月議会,
外山御料牧場研究会
9月18日 朝の街頭演説(南大橋)
9月19日 九月議会
9月20日 民主党勉強会,
税理士会との懇談会
9月21日 交通安全仙北分会 パレード,
仙北二丁目 敬老会
9月22日 平泉・奥州市 訪問
9月23日 仙北二丁目スポーツ交流会
9月24日 朝の街頭演説(盛南大橋),
教育福祉常任委員会
9月25日 全国スポーツ推進委員研究協議会
9月27日 仙北地区体育協会
9月28日 地域一斉清掃活動
9月29日 朝の街頭演説(明治橋)
9月30日 会派「絆の会」会合,
九月議会(最終日),
議会広報委員会

<2014 年 10 月の活動予定>

10月2日 上水道事業 勉強会
10月4日 仙北中学校 文化祭
10月5日 仙北地区町内対抗大運動会
10月7日 盛岡矢巾都市計画事業等組合 議会
10月10日 仙北2丁目自治会 幹事会
10月11日 仙北地区体育協会 理事会
10月15~16日 行政視察予定(宇都宮市,秩父市,長野市)
10月20~22日 危機管理防災対策特別委員会 視察(霧島市,清州市,岐阜市)
10月26日 仙北地区ソフトバレーボール大会・老人クラブグランドゴルフ大会
10月29日 教育福祉常任委員会

最後までご覧頂きありがとうございます
[本人が書いています]  http://www.suzukikazuo.com
[ご意見,ご感想はこちらへ]  aap09710@hkg.odn.ne.jp
[フェイスブック] https://www.facebook.com/kazuo.suzuki.1969
盛岡市議会議員 鈴木一夫(すずきかずお) 44 歳
〒020-0861 岩手県盛岡市仙北 2-23-24
電話 019-635-8839 FAX 019-635-9176
鈴木一夫事務所


(議会便り 終わり)

ご意見・ご感想をお聞かせ下さい

鈴木一夫後援会事務所 © 2014年10月1日
〒020-0861 岩手県盛岡市仙北二丁目 23 番 24 号
電話 019-635-8839 FAX 019-635-9176
メール:鈴木一夫後援会

CONTENTS

外部サイト

リンク


カウンタ