盛岡市議会議員 鈴木一夫
議会便り 2018年 4月号
(第127号)

http://www.suzukikazuo.com  所属会派「市政クラブ」


■平成30年 3月議会(2月 22日~ 3月 27日)開催■

■平成30年度の予算■

平成30年度盛岡市予算の概要について (盛岡市サイト PDF)

 一般会計の予算では 1,106億 4,000万円で前年比 2.8% の伸び。 特別会計を入れると 1,666億 4,146万円で前年比 1.4% の減です。
 歳入では地方交付税や固定資産税や市たばこ税の減収が想定されておりますが、基金の繰入で当初予算の編成をしているようです。 盛岡市の自主財源比率は 45.6% です。

 3月議会最終日に除雪費や穴ぼこ補修費の補正予算 3億 1千万円が急遽計上されました。

■平成30年 3月議会■

 3月 5日(月曜日)の 15時 20分より 16時 20分に一般質問に登壇をしました(→インターネット中継)。 私が行った質疑と回答は下記の通り。

外国人版地域おこし協力隊
→他市では外国籍の隊員もいる。 外国人キーマンを招聘されたい。
3巡目冬季五輪の盛岡招致
→住民の高い関心と一体となった招致活動、施設整備が課題。 札幌市の動きを情報収集。
 当面はホストタウンの事前キャンプ受入など行う。 調査費の計上は現状は考えていない。
 平昌五輪視察はしなかった。
市内中学生の推薦入試の現状
→公立高 14%、私立校 22%。
 高校推薦後の部活動の在り方は把握していないところである。
長野/新潟/東北/北海道を加え、西のゴールデンルートに対しシルバールートを構想したらどうか
→検討したい。
森林贈与税
→盛岡市には平成31年 3,700万円、平成 45年に 1億 2,600万円見込まれる。
 一方市民ひとりあたり 1,000円とすると課税は 1億 4,500万円となる。
食と農であれば食材を生かす調理師や料理人の技術とビジネスセンスを評価するべきではないか
→そのとおりだ。
30~50代の運動不足解消に企業/地域/中小企業対抗の運動会を促進する認定制度の創設について
→研究したい。
自主防災隊の現状
→251隊。 66隊(26%)は結成をしたものの訓練をしていない。
ドローンの購入
→平30にドローン 1機購入し、2名を養成。

■高校生と議員の意見交換会(3月 31日)■

 3月 31日 アイーナ 802会議室で開催。

 高校生に限らず大学生や若手にも集まっていただき、政治について議会の在り方について講演と意見交換会を実施。 高校生も様々体験を通じて、よく社会を観察していることとあわせて意見表明をする機会があれば、それなりの提言を頂けること実感しました。 18歳選挙権の施行で高校生への主権者教育もでてまいります。

 今後も継続してこのような若者と議員の意見交換会ができればと思います。

<3月の活動>

3月2日 盛岡市議会三月議会
3月4日 仙北地区防災訓練
3月5日 盛岡市議会三月議会(この日一般質問)
3月6日 盛岡市議会三月議会
3月7日 盛岡市議会三月議会
3月9日 盛岡市議会三月議会
3月10日 仙北地区社会教育福祉推進会 部会
3月13日 建設常任委員会
3月14日 盛岡市議会三月議会
3月15日 予算審査特別委員会
3月16日 予算審査特別委員会
3月17日 仙北小学校 卒業式
3月19日 予算審査特別委員会
3月20日 予算審査特別委員会
3月22日 仙北地区 町内会長会議
3月23日 建設常任委員会
3月25日 仙北地区体育協会 第1回理事会
3月27日 盛岡市議会三月議会
3月29日 社会福祉法人理事会
3月30日 財団法人理事会
3月31日 議員と高校生の意見交換会

<4月の予定>

4月2日 仙北2丁目自治会 監査
4月5日 仙北中学校 入学式
4月7日 仙北小学校 入学式
4月10日 専門学校 入学式
4月20日 町内会連合会 総会
4月22日 仙北2丁目自治会 総会
4月29日 盛岡市消防団第一分団 観桜会

最後までご覧頂きありがとうございます

[ホームページ]  http://www.suzukikazuo.com
[ご意見,ご感想はこちらへ]  aap09710@hkg.odn.ne.jp
[フェイスブック] https://www.facebook.com/kazuo.suzuki.1969
盛岡市議会議員 鈴木一夫(すずきかずお)
〒020-0861 岩手県盛岡市仙北 2-23-24
電話 019-635-8839 FAX 019-635-9176
鈴木一夫事務所


(議会便り 終わり)

ご意見・ご感想をお聞かせ下さい

鈴木一夫後援会事務所 © 2018年4月1日
〒020-0861 岩手県盛岡市仙北二丁目 23 番 24 号
電話 019-635-8839 FAX 019-635-9176
メール:鈴木一夫後援会

CONTENTS

外部サイト

リンク


カウンタ